×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

おいしい焼きそばの作り方

下ごしらえ(食材)

具となる食材ですが、私はよくこれだけのものを使います。
私がいつも注意しているのはその量です。
当初、具だくさんの方が美味しいと思い、たくさんの野菜や肉をいれていましたが、それは間違いだと気が付きました。
私の叔母が焼きそばつくりの名人?なのですが、その具の量はいつもそんなに多くありません。
そばと具のバランスが大切なんだと思います。
ですから、いつも心もち少なめに具となる食材を使う事にしています。

 

食材

  • キャベツ
  • ピーマン
  • シメジ
  • もやし
  • 豚のばら肉
  • 出汁を少々

 

いれる食材は好みで良いと思います。
私は子供にも食べさせるため、野菜の種類を4種類くらい使うようにしています。

 

下ごしらえ(具を切る)

まず、具となる肉と野菜を切ります。
この具の切り方は、ちょっとだけ注意点が必要です。
というのは、大き目よりも小さめの具の方が美味しいからです。

 

キャベツ

縦横3cmくらいの大きさに切ります。 
大きすぎると、ソースが絡みにくいし全体的に美味しさダウンになると思います。

 

ピーマン

細切りにします。
火が通りやすい様にしています。
大きく切ると、ピーマンが主張をしてしまうと思います。

 

シメジ

シメジの大きさにもよりますが、私は真中で半分に切っています。
特に、Lowson100で買ったシメジはやたらど大きいので、半分に切った方が美味しかったです。

 

もやし

大量にいれず、申し訳程度いれています。
とくに根をとったりしていません。

 

豚ばら肉

3cmくらいに切っています。長く切ると、お肉の数が減ってしまいますし、短く切りすぎるとお肉の噛みごたえがが無くなってしまいますので。